上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 コメントは受け付けていません | トラックバックは受け付けていません

カテゴリ:スポンサー広告

イラストレーターであり作家でありデザイナーでもある

リリー・フランキーが、あるテレビ番組で

こんなニュアンスのことを言ってました。


会話をつまらない人たちは、

何がなんでも白黒つけようとするからだ。と。


だいたい、人間の気持ちなんてグレーな部分にいる時間の方が

圧倒的に長いわけで、白か黒かで決められないことのが多いはず・・・。


だから、会話なんてそんなグレーな部分を、

あーでもないこーでもない、とやるから面白いのだ。と。


彼独特の表現がオモシロイ!


これは、前回お話した

“人間模様を描く”ための大きなヒントにもあると思います。


特に、ある問題に直面し、思い悩む様は、

こんなグレーな部分を行ったり来たりしなが葛藤を繰り返すわけです。


シナリオを面白くするのもつまらなくするのも、

こういったグレーの部分の描写にかかってくるといっても過言ではありません。


また、これが個性にもなるわけです。


読者は、その文章を読みながら、

常にPCの先の“あなた”を想像しています。


だから、

“想像させることに命を賭けろ”と。


セールスレターに書かれている

僕のエピソードは、ほぼ実話です。


その時の心境までは正確には思い出せませんが、

記憶の断片をたどっていくと、あんなストーリーになったわけです。


これが、感情を抜きに、出来事だけを淡々と語っただけでは、

状況は把握できたとしても、人物像まではイメージできないと思います。


つまり、面白くも何ともないわけです。


そこに感情を注入することで、

文章が俄然イキイキしてくるんですね。


これは、シナリエイトだけのことを

言っているわけではありません。


どんなアフィリエイトでも

応用できる超重要なスキルです。


“感情を盛り込む”


まとめてしまえば、

たったこれだけのことなんですね。


でも、やるかやらないかでは、

その差は歴然です。


会話も文章も同じなんですね。


無表情、無感情では、

伝わらないんです。


あなたの文章に感情を盛り込み、

命を吹き込むアフィリエイト


詳しくは、こちらをクリック

スポンサーサイト
【2011/07/24 17:40】 コメント(0) | トラックバック(0)
スレッド:☆★おすすめっ★☆ - タイトル:アフィリエイト
カテゴリ:アフィリエイト
この記事に対するコメント
この記事に対するコメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://newfrontierbiz.blog34.fc2.com/tb.php/2125-3b3a881e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。