上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 コメントは受け付けていません | トラックバックは受け付けていません

カテゴリ:スポンサー広告

交通事故における損害賠償の交渉は、非常に難しいものがあります。

知識がものを言う世界です。


保険会社の担当者は、交通事故の損害賠償の交渉ばかりを

専門的に行っているため知識が豊富です。


しかし被害者は、交通事故など、一生に一度遭うかどうかです。


そこには圧倒的な知識の差があるのです。


そこでコレです!!


交通事故の示談交渉では、被害者自らが、

最高額になるような計算ができなければなりません。


治療費、休業損害、交通費などの実費を計算し、

後遺症による逸失利益、後遺症慰謝料、介護費用などを


最高額になるように計算します。


さらに増額事由があるなら、それも加算していきます。


その計算ができなければ、

保険会社が提示する低額の示談金額を崩すことはできません。


正しい知識を身につけ、賢く交渉する必要があります。


重要なことは、


 『被害者は、適正な損害賠償額をもらう権利がある』


ということです。


安易に、低額な示談金で納得してはいけません。


何も不当に高額な賠償金をむしり取ろうというわけではなく、

法律的に正当な賠償金を獲得するだけです。


遠慮をすることなく、堂々と請求しましょう。

そして、交通事故によって生じた損害を少しでも補って下さい。


   (コレが大きな武器になります!


交通事故損害賠償は、普段は全く必要のない知識であり、

できれば一生お世話になりたくない知識でもあります。


しかし、一旦事故に巻き込まれてしまったら、

知らないととんでもない大損をする・・・


交通事故損害賠償は、決して他人任せにしてはいけません。


いずれにしても、


交通事故損害賠償で満足いく結果を望むのであれば、

被害者自身がしっかりした知識を身につけることが必要不可欠です。


繰り返しになりますが、


大切なことは、交通事故損害賠償には、一般の交通事故被害者には

あまり知られていない多くの情報が存在しているにも関わらず、


被害者に情報を提供せず、知らない被害者が損をする、という


最悪の構図を理解し、

損をしないための正しい損害賠償知識を身につけることです。


論より証拠。


【マニュアル体験者のご感想】をご覧ください。


すでにマニュアルを手にされた多くの方々がこのマニュアルで、

示談交渉を有利に進め、示談金の大幅な増額を勝ち取っています。


まずは、その生の声をお聞き下さい。


スポンサーサイト
【2009/07/14 15:57】 コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:困った時に
この記事に対するコメント
この記事に対するコメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://newfrontierbiz.blog34.fc2.com/tb.php/898-ea3ad85d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。